とうもろこしを生で食べるならピクニックコーンがおすすめ

こんにちは。「ハートが伝わる野菜づくり」ベジハートの伊藤です。

ベジハートのとうもろこし直売も6月30日で終了となります。残すところ数日となりました。

現在ピクニックコーンの味がすごくいいです。もともとの大きさが小ぶりな為、大きいとうもろこしが評価される市場ではほとんど出回らない貴重なとうもろこし。

しかも、昨年は全国的に種の入手ができない。更に今年も種が手に入るかと思いきや、納品が延び延びになりました。

ただでさえ作り手の少ないピクニックコーンがこのように種が手に入りにくい状況で更に貴重になっています。

???「生で食べられますか」???  お客様からこのご質問をよくいただきます。

ベジハートで作っている4種類のとうもろこしの中でも、生で食べるならこのピクニックコーンを断然おすすめします。収穫したばかりの新鮮なピクニックコーンを冷やして、生のまま食べるとフルーツ感覚で食べられます。初めて生のピクニックコーンを食べられたお客様からは「衝撃を受けました」「とうもろこしの概念が変わりました」などの声をよくいただきます。

※とうもろこしは「畑のお刺身」と呼ばれるほど急激に鮮度が落ちていきます。生で食べられる際は収穫当日、遅くとも翌日までのものをおすすめしております。

もちろん加熱しても美味しいので、皮のまま焼く、焼きとうもろこしのピクニックコーン。こちらもおすすめです。